アフィリエイト広告を利用しています。

ブログ初心者向け サイト設計

ブログの記事数の目安について!アクセス数との関係は?【体験談】

2021年4月4日

男性が記事を執筆している様子。

この記事の信頼性について

  • 京都大学大学院を卒業後、サラリーマンを10年経験。
  • 現在個人事業主として奮闘中。
  • 研究気質があるブロガー。
  • Webマーケを勉強しブログ開始1年で年間13万PVを達成。
  • 読者に有益な情報となり、少しでも読者の日々の生活を明るくできるよう心がけて執筆します。

ブログって何記事書いたらいいのだろう?

この悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事で紹介する「記事数の目安」を読めば、あなたのブログで何記事作ればいいか目安が分かりますよ。

なぜなら、私は毎日更新を500記事した経験から、必要な記事数というのが見えてきたからです。

記事前半では「ブログの記事数の目安」を、記事後半では「たくさん記事を書けばいいという分けではない」についてを解説するのでじっくり読んでくださいね。

目次は次の通りです。

・ブログの記事数の目安

結論。

記事というのは、単体で勝負するものではなくて、関連記事の相互作用で検索上位に上がるかどうかが決まります。

つまり、ある程度記事数が大切なわけです。

私が掲げる、ブログ記事の目安は次の3つです。

  • 100記事までは毎日更新すべき
  • 1ジャンルにつき100記事以上を作るべき
  • 1年でメンテナンスできる記事数にすべき

これらの条件からあなたの必要な記事数を導き出すことができます。

なぜ、このような結論に至ったのか、私の500記事までのPV数と共に考察をしていきます。

・ブログ記事の目安の結論

・100記事までは毎日更新すべき

ブログを始めれば、100記事は毎日更新を続けてください

なぜなら、記事がある程度ないと、SEOで評価されないからです。

また、SEOで評価だけが目的ではありません。

あなたの得意なジャンルの見極めにもなります

最初は様々な分野の記事を書いてみてもかまいません。

記事を書けば、検索上位になるものもあれば、圏外のものもあります。

要はGoogleからあなたがどのジャンルを評価されるか知ることが大切です。

あなたが評価される分野を見つければ、そこのジャンルの記事を増やしていくようにします

・1ジャンルにつき100記事以上

最初に100記事までは毎日更新すべきというのは最低ラインの話をしました。

もう少し、SEOで効果が出る方法があります。

それは、1ジャンルにつき100記事以上作るということです。

その理由はブログは専門性が大切だからです。

これは私の経験した話ですが、ジャンルが「ブログ」の記事を投稿しても検索順位100位にすら入らない時期がありました。

ずっと圏外だったんです。

しかし、「ブログ」のジャンルを80記事ほど投下したあたりから、「ブログ」関係の記事が50位ぐらいに入りだしたんですね。

これは、SEOで「ブログ」というジャンルが評価されはじめたからだと考えています。

これらよりSEOで評価を受けるためには1ジャンル100記事は必要であると考えています。

・1年でメンテナンスできる記事数にすべき

記事というのは時間の流れとともに風化していきます。

古い情報になってしまったら、新しい情報に書き換える必要があります。

もし、あなたが更新をほったらかしてしまったらどうなるかお分かりになりますよね。

読者に読まれなくなり、SEOの評価が下がり、検索順位を落としてしまいます。

あなたは、定期的に更新しなければなりません。

目安は1年でメンテナンスできる記事数にすることです。

あなたは1日何記事メンテナンスできますか?

1年は365日あります。

もし、1日1記事が限界だとすると、365記事が限度ですね。

・私が500記事毎日更新をした結果【PV数を公表】

私が500記事まで毎日更新した場合のPV数の変化を掲載します。

500記事までのPV数の変化。
  • 100記事:271PV/日
  • 200記事:139PV/日
  • 300記事:404PV/日
  • 400記事:764PV/日
  • 500記事:476PV/日

数字を見て改善しよう



ブログでアフィリエイトするならWordPressテーマはAFFINGER6がおすすめです。
アフィンガータグ管理マネージャーを使えば、
・どの記事から広告がクリックされたのか
・クリック率
が分かります。
数字を見てブログ改善をしていくことができますよ。
詳細の手順は以下の記事で解説しています。
こちらも参考にしてみてください。

【有料級】[AFFINGER6]アフィリエイト広告のクリックの流入経路を特定することで希望が見えた件!

続きを見る


・記事数とアクセス数の考察

200記事までは、大きくPVも増えずに停滞しています。

200記事まではブログ記事も乏しく、SEOで評価されないんですね。

繰り返しになりますが、ブログを始めたら100記事まで毎日更新は鉄則です。

ある程度記事を書かないと、アクセスは全く集まらないんです。

400記事までは、順調にアクセスを伸ばしていましたが、500記事になると右肩下がりです。

この結果を見れば、400記事まで毎日更新すればいいのかというとそうではありません。

実際に500記事書き上げた現状、検索上位10位以内にあるのは、500記事の内10%ほどで、50記事ほどです。

記事をたくさん書いたらそのうちのわずかな記事が検索を集めているということです。

500記事書いたら、残りの450記事はアクセスを集めていません。

なぜ、400記事からPVが下がりだしたかというと、それは上位表示されない低品質な記事が足を引っ張りだしたからです。

毎日更新すれば、どんどん読まれない記事が増えていったわけです。

ブログは、読まれない記事に価値はありません。

まとめると、

  • ブログを100記事までは毎日更新は鉄則
  • 記事をたくさん書いてもPVを稼ぐのはほんの一握りの記事
  • 上位表示されない低品質な記事が足を引っ張る

です。

当ブログ限定特典あり


当サイトからエックスサーバーに申し込みをすると、最大1万円割引されます。
\当サイトからの申し込みがお得/

限定特典は実施中のキャンペーンと併用可です。

たった10分でできる申し込み手順はこちら>>

・たくさん記事を書けばいいというわけではない

タイプライター

・品質が悪い記事はSEOでマイナスの評価を得る

単純に大量に記事を生産していけばいいわけではありません。

品質の悪い記事というのは前述の通りSEOでマイナスの評価を得ると考えられています。

私の400記事から500記事までの右肩下がりのアクセスを見てもらえば、単純に記事を増やせばいいという問題ではないことがわかりますよね。

なので、1記事1記事丁寧に仕上げていきましょう。

1日1記事と決めてしまうと、どうしても1日の努力量が記事の品質につながります。

これではなかなか上位表示が難しいです。

1日1記事と決めずに、1日2000文字書くなど、文字数を目標にしてみてください。

6000文字必要な記事は、3日で書き上げるイメージです。

参考に私のケースは

ちなみに、当時、私は雑記ブログで5ジャンル程書いているので、1ジャンル100記事を目標にすると、最低500記事必要です。

また、1年でメンテナンスをすることを考えると、頑張って1日2記事とすると、730記事が限界といったところでしょうか。

つまり、私の目標とする記事数は500記事~730記事ということになります。

雑記ブログは大変ですね。

なので、今は特化ブログで100記事を目安にしていますよ。

すぐにブログを始めたい方へ



ブログで収益化を目指すならWordPressでブログを作るのが一番おすすめです。
WordPressクイックスタートを使えば、わずか10分
スマホ・パソコンどちらからでも、初心者でも簡単にエックスサーバーでブログを作れます。
詳細の手順は以下の記事で解説しています。
こちらも参考にしてみてください。

【初心者でも安心】たった10分で出来るWordPressブログの始め方

・まとめ「ブログの記事数の目安について!アクセス数との関係は?【体験談】」

ブログの記事数の目安は下記条件から導いてください。

・100記事までは毎日更新すべき
・1ジャンルにつき100記事以上を作るべき
・1年でメンテナンスできる記事数にすべき

これらの条件から、記事数の目安を割り出すといいですね。

以上、参考になれば幸いです。

トップページに戻る

アイキャッチ画像は Karlyukav - jp.freepik.com によって作成された business 写真です。

当ブログ限定特典あり


当サイトからエックスサーバーに申し込みをすると、最大1万円割引されます。
\当サイトからの申し込みがお得/

限定特典は実施中のキャンペーンと併用可です。

たった10分でできる申し込み手順はこちら>>

アフィリエイターが選ぶ満足度No.1のレンタルサーバー

レンタルサーバーのランキングです。WordPressでブログを始める方は参考にしてください。

第1位:エックスサーバー

エックスサーバーは2003年にサービスを開始。240万もの運用サイト数を誇るなど実績があって信頼ができるレンタルサーバーです。
定期的に割引のキャンペーンを実施10日間の無料お試し期間があります。
エックスサーバーの内容に満足できなかったら、ランキング2位、3位を検討してください。
ただ、使ってみてランキング1位のエックスサーバーは圧倒的におすすめなので迷っているならコレです!

初期費用無料
月額990円~
性能超高速で大量アクセスにも強い
WordPress簡単インストールあり(無料)

\業界トップのサーバー環境を手に入れる/

第2位:ConoHa WING

ConoHa WINGは、2018年以降にサービスを開始して以来、45万登録者集を突破しており、今、勢いのあるレンタルサーバーです。
常時キャンペーンを実施で、割引で安く借りれます。
長期利用割引パックを利用すると、お好きな独自ドメインを2つ永久無料など特典があります。

初期費用無料
月額月額1452円~
性能高速・高機能・高安定性
WordPress簡単インストールあり(無料)

第3位:ロリポップ

ロリポップは2001年からサービスを開始し、安価で利用できるレンタルサーバーとしての地位を築いています。
安価で220円~利用できるライトコースもあり。10日間の無料お試し期間があります。

初期費用無料
月額月額550円~
性能高速のLight Speed
WordPress簡単インストールあり(無料)

エックスサーバー特集

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16

-ブログ初心者向け, サイト設計
-