アフィリエイト広告を利用しています。

レンタルサーバーナビ レンタルサーバーの比較

シンレンタルサーバーとリトルサーバーの徹底比較!初心者はどっち?

2024年3月2日

この記事の信頼性について

  • シンレンタルサーバーとリトルサーバーのサイトを隅々まで調べたことがあります。
  • レンタルサーバーは9社比較したことがあり、価格・性能・機能の相場観に詳しいです。
  • Webマーケを勉強しブログ開始1年で年間13万PVを達成。
  • 読者に有益な情報となり、少しでも読者の日々の生活を明るくできるよう心がけて執筆します。

シンレンタルサーバーとリトルサーバーの比較をみたい
どっちが自分に適しているだろう

この悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事で紹介する「シンレンタルサーバーとリトルサーバーの徹底比較」を読めば、どちらのレンタルサーバーがあなたに適しているか分かりますよ。

ちなみに、私はエックスサーバーを使っていますが、エックスサーバーはとても快適です。

シンレンタルサーバーはエックスサーバーをベースに、安さと革新性を重点に設計されたサーバーです。

エックスサーバーを知っているので、シンレンタルサーバーもおすすめできます。

シンレンタルサーバーとリトルサーバーの比較表は下記。

シン・レンタルサーバー

リトルサーバー

利用プランベーシックリトルプラン
(A)初期費用0円920円
(B)月額費用
12か月契約の場合
880円/月250円/月
1年費用 
(A)+12か月×(B)
10560円3920円
無料お試し期間10日間20日間
おすすめポイントエックスサーバーをベースに安さと革新性に重点がある
対性能比で国内最安
とにかく安いサーバー
ディスク容量300GB60GB
アダルトサイト×
独自ドメイン無料永久特典1つなし
WordPressテーマ特典Cocoonなど無料テーマがインストール可なし
無料独自SSL
Webサーバー同時大量アクセスの高速処理に優れたnginxを採用一般的なapache
自動バックアップ機能0円(標準機能)0円(標準搭載)
無料サポートメール、電話メール
運営2021年からスタート2016年からスタート
公式ページ
シンレンタルサーバーとリトルサーバーの比較表

記事前半では「シンレンタルサーバーとリトルサーバーの比較」について、記事後半では「シンレンタルサーバーとリトルサーバーのそれぞれの特徴」について解説するのでじっくり読んで下さいね!

目次は次の通りです。

・シンレンタルサーバーとリトルサーバーの徹底比較

・シンレンタルサーバーとリトルサーバーのサーバーシェア率

日本のWordPressサーバーシェア率は下記。(引用:manuon.com)

1位:エックスサーバー:37.0%
2位:ロリポップ:11.8%
3位:さくらインターネット:11.5%
・・・
8位:シンレンタルサーバー:2.3%
・・・
その他:17.3%(リトルサーバーなど

manuon.comが提供する日本のWordPressサーバーシェア率のグラフ。

シンレンタルサーバーのサーバシェア率は2.3%で第8位です。

リトルサーバーのシェア率はランクインしていません。

レンタルサーバー会社は全国で100社近くあると言われている。その中で8位はすごい。

・シンレンタルサーバーとリトルサーバーどちらがいいか

シンレンタルサーバーとリトルサーバーどちらがいいか。

ここが疑問だと思いますが、シンレンタルサーバーとリトルサーバーの料金、スペック、サポートなどの違いを比較してみるといいですね。

初心者におすすめなのはシンレンタルサーバーで、国内シェアNo.1で高速、安定性のあるエックスサーバーをベースに低価格・革新性に重点をおかれています。

一方、リトルサーバーは使える激安サーバーです。

・シンレンタルサーバーとリトルサーバーの違い

WordPressが使えるおすすめプランは、シンレンタルサーバーがベーシックプラン、リトルサーバーはリトルプランになります。

料金はシンレンタルサーバーのベーシックプランは36カ月契約で月額770円に対し、リトルサーバーのリトルプランは12か月契約で月額250円です。

シンレンタルサーバーはnginxを搭載しており高速サーバーですが、リトルサーバはapacheで一般的なサーバーです。

ディスク容量は、シンレンタルサーバーのベーシックでは300GBに対し、リトルサーバーのリトルプランは60GBです。

シンレンタルサーバーはアダルトサイトが運用できますが、リトルサーバーはアダルトサイトが運用できません

シンレンタルサーバーとリトルサーバーは共に自動バックアップが標準搭載(無料)です。

・シンレンタルサーバーとリトルサーバーの料金比較

シンレンタルサーバーとリトルサーバーの料金を比較します。

シン・レンタルサーバー

リトルサーバー

プランベーシックリトルプラン
初期費用無料920円
1か月契約-
3か月契約990円/月-
6か月契約990円/月280円/月
12か月契約880円/月250円/月
24カ月契約825円/月-
36カ月契約770円/月-
料金比較

個人利用のサーバー料金の目安は月額1000円なので、両社とも安くてコスパがいい。

期間限定キャンペーン実施中!!

シンレンタルサーバーは2024年5月20日(月)12:00まで下記キャンペーン実施中です。

キャンペーン情報

  • 期間:2024年5月20日(月) 12:00まで
  • 条件:期間中、新規にお申し込みいただき、「12ヶ月」以上でご契約いただいた『シン・レンタルサーバー』のサーバーアカウント
  • キャンペーン内容:50%キャッシュバック
\2024/5/20までキャンペーン中/

期間限定キャンペーン実施中!!

リトルサーバーでは現在新規契約で使えるキャンペーンはありません。

ご自身でキャンペーン情報を確認する場合は下記から。

・シンレンタルサーバーとリトルサーバーどっちが高速?

速度を比較するために、スペックを確認します。

シン・レンタルサーバー

リトルサーバー

プランベーシックリトルプラン
Webサーバーnginxapache
ストレージSSDSSD
vCPU/メモリ6コア/8GB非公開
ディスク容量300GB60GB
高速化技術KUSANAGI
Xアクセラレータ
XpageSpeed
高速化設定
スペック比較

両社とも、ストレージはSSDを使っており足きりはクリアしています。

シンレンタルサーバーはnginxで高速サーバーですが、リトルサーバーはapacheで一般的な速度です。

このため、シンレンタルサーバーのが高速だと言えます。

シンレンタルサーバーは、エックスサーバーと同等のスペックです。

シンレンタルサーバーの公式ページには、

サーバー性能は「エックスサーバー」水準をそのままに、対性能比で国内最安、業界No.1のコストパフォーマンスを追求します。

シン・レンタルサーバー

と書かれていおり、エックスサーバーとシンレンタルサーバーは同等のサーバー速度があると思われます。

私はエックスサーバーを使って、GoogleのPageSpeed Insihtsのモバイルで98点のスコアが取れましたが、シンレンタルサーバーでも期待できます。

ちょこブログのPageSpeed Insightsの結果。モバイル98点。

エックスサーバーでこの点数をとるために、WordPressテーマは有料のAffinger6を使い、プラグイン最適化を行いました。

・シンレンタルサーバーとリトルサーバーの提供WordPressテーマの比較

割引特典のある取扱いのテーマは下記。

シン・レンタルサーバー

リトルサーバー

無料テーマCocoon
Lightning
-
有料テーマ
※割引価格で購入できる
XWRITE-
WordPressテーマ比較

リトルサーバーで提供されているWordPressテーマはありません。

もちろん、ここで提供されている以外の無料有料テーマをWordPressにインストールすることもできます

人気のWordPressテーマの比較は下記。

・シンレンタルサーバーとリトルサーバーの自動バックアップ機能の比較

シンレンタルサーバーとリトルサーバーの自動バックアップ機能の比較は下記。

自動バックアップ

シン・レンタルサーバー

リトルサーバー

料金0円(標準機能)0円(標準機能)
対象プラン全プラン全プラン
保存対象Web・メールデータ・MySQLデータベース未公開
保存頻度と期間1日1回、過去14日分を復旧用データとして利用可1日1回
特徴2台のハードディスクに同じデータを同時に書き込むRAID1によるリアルタイムでの全データコピー必要な場合には無料で復元データを提供
自動バックアップ比較

シンレンタルサーバーとリトルサーバーは両社とも自動バックアップ機能が標準搭載(無料)です。

サーバーの自動バックアップ以外にも、WordPressの無料プラグインを用いて手動でバックアップをするといい。おすすめは、All In One WP Migration。

・シンレンタルサーバーとリトルサーバーのサポート比較

シンレンタルサーバーとリトルサーバーのサポート比較は下記。

サポート

シン・レンタルサーバー

リトルサーバー

プラン全プラン全プラン
①プラン変更上位プランや下位プランへの変更が可能上位プランへの変更が可能
②お問い合わせメール:24時間365日受付
電話:平日の10:00~18:00
メール
③他社サーバーからの引っ越しWordPressの移転作業をシンレンタルサーバーに丸投げできます(設定代行サービス:33000円/1サイト毎)。
また、ご自身で「WordPress簡単移行」を使って手動で行うことも可能です。
他社サーバからリトルサーバーへWordPressのサーバ移転は自身で「All-in-One WP Migration」などプラグインを利用して行う。
自身での作業が難しい場合、代行サービスあり。

シンレンタルサーバーは、メール、電話のお問い合わせが可能で、初心者にも安心です。

一方、リトルサーバーへのお問い合わせはメールのみとなります。

WordPressの不具合が出てもネット上の情報で自力で解決できるから、それほどお問い合わせサポートに頼ることはなかった。

・シンレンタルサーバーを深堀する

シンレンタルサーバーは、2021年からエックスサーバーがサービスを提供スタートしました。

「安さ」と「高速性」と「最新システムの迅速導入」に重点を置くレンタルサーバーサービスです。

項目評価コメント
月額料金770円~
ディスク容量300GB
サーバースピードnginx
転送量上限900GB/日
WP簡単インストールあり
自動バックアップあり
マルチドメイン数無制限
プランの変更上と下にプラン変更可
メール・電話サポートあり
独自ドメイン永久無料1個
無料SSLあり
シン・レンタルサーバーのベーシックプラン

・シンレンタルサーバーの口コミ・評判

シンレンタルサーバーの口コミ・評判は下記。

  • コスパと速さで選ぶなら「シンレンタルサーバー」。
  • エックスサーバーでWordPressブログ始めたいけど、ちょっと高いなと思っている方には「シン・レンタルサーバー」
  • シンレンタルサーバー最新技術をどんどん取り込む

詳細は「シンレンタルサーバー 口コミ」をどうぞ。

悪い口コミも書いてます。

・シンレンタルサーバーの特徴

・エックスサーバーより安い

最安プラン比較だと、シンレンタルサーバーの方が、エックスサーバーより安いです。

エックスサーバーのスタンダード36カ月契約が月額990円に対して、シンレンタルサーバーはベーシック36カ月契約で月額770円となっています。

それにもかかわらず、スペックは同水準

コスパが最高。

・革新性がある

シンレンタルサーバーは新機能の迅速な導入をするなど革新性に富んでいます

ポイントとしては、圧倒的な速度を生み出すハイスペックサーバーであることです。

例えば、

  • 「KUSANAGI」の高速化技術を導入
    世界最速クラスのWordPress実行環境
  • 「オールNVMe」RAID10構成
    高速な処理性能と、高い耐障害性を兼備
  • Xアクセラレータ Ver.2
    アクセス数拡張&サイト高速化
  • XPageSpeed
    SEO(検索エンジン最適化)
  • 第3世代「AMD EPYCTM」採用
    最新のCPU搭載!
  • 128コアvCPU&1TBメモリ
    圧倒的なサーバースペック!
  • オールNVMe RAID10構成
    高速性と障害耐性を兼備
  • nginx(エンジンエックス)採用
    アクセス集中時も高速・安定
  • 国内最大級のバックボーン回線に10Gbpsで直結
    快適なネットワーク環境

などが挙げられます。

たくさん導入されて革新的だ。

また、サイト運営にも頼もしい機能とサービスがあります。

例えば、

  • サーバー移転から各種設定までの設定代行サービス
  • 自動バックアップ
  • 6つの無制限(マルチドメイン、サブドメイン、無料独自SSL、FTPアカウント、メールアカウント、MySQL)
  • WAF搭載
  • 電話・メールサポート
  • セコム・セキュリティー診断

など。

あったらうれしい機能ばかり。

シンレンタルサーバーのメリットとデメリット

・メリット

シンレンタルサーバーのメリットは下記。

簡便性
サーバーパネルから「WordPress簡単インストール」をクリックし設定するだけです。
下記リンクから、ドメインを取ってスムーズにWordPressの設置が可能です。

特典
プラン契約特典の「独自ドメイン永久無料特典」があります。
サーバーご契約者様が、独自ドメインを1つ無料でご利用いただけます。

保証
10日間の無料のお試し期間がついてます。

・デメリット

シンレンタルサーバーのデメリットとしては、稼働率が非公表であることです。

一方エックスサーバーは、創業以来99.99%以上の稼働率を堅持している公表しています。

・シンレンタルサーバーのおすすめはベーシックプラン

シンレンタルサーバーのおすすめはベーシックプランの12か月契約です。

ベーシックプランは、シンレンタルサーバーの最安プランです。

エックスサーバーのスタンダードのスペックと同水準でありながら、36カ月契約で月額220円も安くなっています

ベーシックプランは、容量は300GBあり十分です。

またnginx搭載で大量のアクセス耐性があり高速です。

シンレンタルサーバーのおすすめ料金プランは?4つのプランの違い

シンレンタルサーバーの年間費用はどのくらいかかる?最安のベーシックプランを選んだ場合

期間限定キャンペーン実施中!!

シンレンタルサーバーは2024年5月20日(月)12:00まで下記キャンペーン実施中です。

キャンペーン情報

  • 期間:2024年5月20日(月) 12:00まで
  • 条件:期間中、新規にお申し込みいただき、「12ヶ月」以上でご契約いただいた『シン・レンタルサーバー』のサーバーアカウント
  • キャンペーン内容:50%キャッシュバック
\2024/5/20までキャンペーン中/

・リトルサーバーを深堀する

リトルサーバーは2016年からスタートした株式会社リトルネットワークが運営するレンタルサーバーです。

項目評価コメント
月額料金250円
ディスク容量60GB
サーバースピードapache
転送量上限90GB
WP簡単インストールあり
自動バックアップあり
マルチドメイン数無制限
プランの変更上へプラン変更可
チャット・電話サポートメールのみ
独自ドメイン永久無料なし
無料SSLあり
リトルサーバーのリトルプラン

おすすめ

月額150円〜WordPress使用可

この機会にリトルサーバーでブログを始めてみましょう。
安価で快適に・・リトルサーバー

・リトルサーバーの口コミ・評判

リトルサーバーの口コミ・評判は下記。

  • リトルサーバーさんは格安なのに全プランWordpress使えるし、サポートもとても早くて手厚いのですごくすごく大好きでおすすめなんです・・・! 昨日も問い合わせしたら1時間しないうちに回答&対応してくださって本当にありがたかった
  • リトルサーバーWordPress超かんたんインストールがあって使いやすそうだ。
  • リトルサーバーちょいレアだけど、しっかりしたサーバーな印象はあります。

詳細は「リトルサーバーの口コミ」をどうぞ。

悪い口コミも書いています。

おすすめ

月額150円〜WordPress使用可

この機会にリトルサーバーでブログを始めてみましょう。
安価で快適に・・リトルサーバー

・リトルサーバーの特徴

・格安

リトルサーバーは格安で、WordPressが月額150円~使えます。

・全プランWordPressが使える

リトルサーバーのプランは、ミニプラン、ワードプラン、リトルプラン、ビッグプランがありますが、どれもWordPressが使えます。

・激安サーバーだけど、しっかりしたサーバー

  • SSDで高速
  • 独自SSLが無料
  • 自動バックアップが無料で標準搭載
  • 独自ドメイン設定が無制限
  • サブドメインを複数提供

など、最低限サーバーを使う上でほしい機能があり、激安サーバーだけどしっかりしています。

おすすめ

月額150円〜WordPress使用可

この機会にリトルサーバーでブログを始めてみましょう。
安価で快適に・・リトルサーバー

・リトルサーバーのメリットとデメリット

リトルサーバーのメリットは下記。

簡便性
リトルサーバーではWordPressを簡単にインストールすることができます。

特典
独自SSLが無料

・保証
20日間の無料お試し期間あり

リトルサーバーのデメリットは下記。

下位プランへ変更ができない
お問い合わせの手段がメールのみ

お問い合わせの手段はメールのみとなっていますが、「サポートが神対応すぎて驚きの連続です、今時こんな親身対応で融通の利くサポートあるんだね。昔通ってた駄菓子屋のばあちゃんの次ぐらいに神対応。」などの口コミがあります。

おすすめ

月額150円〜WordPress使用可

この機会にリトルサーバーでブログを始めてみましょう。
安価で快適に・・リトルサーバー

・リトルサーバーのおすすめはリトルプランを12か月契約

リトルサーバーのおすすめはリトルプランの12か月契約です。

その理由は下記。

  • リトルプランはWordPressが高速に利用できる
  • リトルプランは容量が60GBで1サーバー契約で複数のWordPressが立ち上げられる
  • リトルプランはアクセス数、PVの多いWEBサイトを運用できる
  • 12か月契約が安い

おすすめ

月額150円〜WordPress使用可

この機会にリトルサーバーでブログを始めてみましょう。
安価で快適に・・リトルサーバー

リトルサーバーのおすすめ料金プランは?4つのプランの違い

リトルサーバーの年間費用はいくらかかる?リトルプランを選んだ場合

リトルサーバーは、とにかく安いサーバー。

期間限定キャンペーン実施中!!

リトルサーバーでは現在新規契約で使えるキャンペーンはありません。

ご自身でキャンペーン情報を確認する場合は下記から。

・絶対選んではいけないレンタルサーバー

絶対選んではいけないレンタルサーバーの特徴は下記。

・サイト速度が遅い
・アクセスが集中した時に落ちる
・サポートが悪い
・管理画面が使いにくい

・サイト速度が遅い

特にサイト速度は重要で、レンタルサーバーの選び方を間違えると、いくら改善してもPageSpeed Insitesで90点以上出せないサイトになってしまいます。

サイト速度が遅いとなぜだめかというと、アクセスしても表示されるまで時間がかかるなど読者に苦痛を与えるから。

せっかくアクセスをされても、離脱されてしまいます。

サイト速度高速なレンタルサーバーがおすすめです。

・アクセスが集中した時に落ちる

またアクセスが集中した時に落ちるのも考えもの。

せっかく大量にアクセスが集まるようになっても、アクセスが頭打ちになってしまいます。

そのような状況に出くわしたら、最初から大量アクセス耐性のあるサーバーにしておけばよかったと思うはず。

・サポートが悪い

サポートも重要です。

特に、初心者の場合、相談する相手がいないのが現状。

しかし、もしサーバー会社にサポートがあれば、安心して利用することができますからね。

また、バックアップ機能があるかも選ぶポイント。

バックアップを取ってくれないと、なにかの拍子にWordPressを消してしまったり、動かなくなったりしたときに、ゲームオーバーになってしまいます。

特に初心者で、WordPressを少しカスタマイズした際に動かなくなってしまったという方もいます。

そんな時は、バックアップを復活できればいいですよね。

・管理画面が使いにくい

管理画面の使いやすさも気になる点。

WordPressを自分でインストールするのは少し大変で、簡単インストール機能があればラクチンです。

・シンレンタルサーバーとリトルサーバーは大丈夫?

シンレンタルサーバー(ベーシック)とリトルサーバー(リトルプラン)について、これらの点を見ていきます。

シンレンタルサーバー(ベーシック)の特徴リトルサーバー(リトルプラン)の特徴
サイト速度は遅くないか
新機能をどんどん取り込む革新性に富んだサーバー
世界最速クラスのWordPress実行環境「KUSANAGI」の高速化技術を導入。
高速な処理性能と高い耐障害性を兼備した「オールNVMe」RAID10構成。
アクセス数拡張&サイト高速化したXアクセラレータ Ver.2を導入。
SEO(検索エンジン最適化)したXPageSpeed導入。
第3世代「AMD EPYCTM」採用で最新のCPU搭載。
128コアvCPU&1TBメモリで圧倒的なサーバースペック。
高速性と障害耐性を兼備したオールNVMe RAID10構成。
nginx(エンジンエックス)採用でアクセス集中時も高速・安定。
国内最大級のバックボーン回線に10Gbpsで直結で快適なネットワーク環境提供。

SSD
高速化設定
http/2
アクセスが集中した時に落ちないか
サーバーにはnginxを搭載し、超高速で大量アクセスに強い

サーバーにはapacheを搭載
サポートが悪くないか
初心者の方も安心!24時間365日サポート
毎日バックアップ処理を実施

メールサポートのみだが、サポートの評判が良い
毎日バックアップ処理を実施
管理画面が使いやすいか
WordPress簡単インストール機能で簡単に素早くWordPressを設置することができる

WordPressをクイックインストールで素早く設置することができる

リトルサーバーのスペックは劣りますが、その分安いと言えます。

最後まで悩んだ方は、「安さと革新性」の

シン・レンタルサーバー

と、「とにかく安いサーバー」の

リトルサーバー

でどちらの「コピー」に興味をひかれたかで決めるといいですね。

・まとめ「シンレンタルサーバーとリトルサーバーの徹底比較!初心者はどっち?」

レンタルサーバーが決まれば、WordPressでブログを作っていくことができますね!

それではまとめです。

シンレンタルサーバーとリトルサーバーの比較表は下記。

シン・レンタルサーバー

リトルサーバー

利用プランベーシックリトルプラン
(A)初期費用0円920円
(B)月額費用
12か月契約の場合
880円/月250円/月
1年費用 
(A)+12か月×(B)
10560円3920円
無料お試し期間10日間20日間
おすすめポイントエックスサーバーをベースに安さと革新性に重点がある
対性能比で国内最安
とにかく安いサーバー
ディスク容量300GB60GB
アダルトサイト×
独自ドメイン無料永久特典1つなし
WordPressテーマ特典Cocoonなど無料テーマがインストール可なし
無料独自SSL
Webサーバー同時大量アクセスの高速処理に優れたnginxを採用一般的なapache
自動バックアップ機能0円(標準機能)0円(標準搭載)
無料サポートメール、電話メール
運営2021年からスタート2016年からスタート
公式ページ
シンレンタルサーバーとリトルサーバーの比較表

シンレンタルサーバーの口コミは下記。

  • コスパと速さで選ぶなら「シンレンタルサーバー」。
  • エックスサーバーでWordPressブログ始めたいけど、ちょっと高いなと思っている方には「シン・レンタルサーバー」
  • シンレンタルサーバー最新技術をどんどん取り込む

シンレンタルサーバーがいいなと思った方は、下記から申し込むことができます。

ベーシックプランがおすすめです。

シン・レンタルサーバー

リトルサーバーの口コミは下記。

  • リトルサーバーさんは格安なのに全プランWordpress使えるし、サポートもとても早くて手厚いのですごくすごく大好きでおすすめなんです・・・! 昨日も問い合わせしたら1時間しないうちに回答&対応してくださって本当にありがたかった
  • リトルサーバーWordPress超かんたんインストールがあって使いやすそうだ。
  • リトルサーバーちょいレアだけど、しっかりしたサーバーな印象はあります。

リトルサーバーがいいなと思った方は、下記から申し込みができます。

リトルプランがおすすめです。

リトルサーバー

以上、参考になれば幸いです。

トップページに戻る

当ブログ限定特典あり


当サイトからエックスサーバーに申し込みをすると、最大1万円割引されます。
\当サイトからの申し込みがお得/

限定特典は実施中のキャンペーンと併用可です。

たった10分でできる申し込み手順はこちら>>

アフィリエイターが選ぶ満足度No.1のレンタルサーバー

レンタルサーバーのランキングです。WordPressでブログを始める方は参考にしてください。

第1位:エックスサーバー

エックスサーバーは2003年にサービスを開始。240万もの運用サイト数を誇るなど実績があって信頼ができるレンタルサーバーです。
定期的に割引のキャンペーンを実施10日間の無料お試し期間があります。
エックスサーバーの内容に満足できなかったら、ランキング2位、3位を検討してください。
ただ、使ってみてランキング1位のエックスサーバーは圧倒的におすすめなので迷っているならコレです!

初期費用無料
月額990円~
性能超高速で大量アクセスにも強い
WordPress簡単インストールあり(無料)

\業界トップのサーバー環境を手に入れる/

第2位:ConoHa WING

ConoHa WINGは、2018年以降にサービスを開始して以来、45万登録者集を突破しており、今、勢いのあるレンタルサーバーです。
常時キャンペーンを実施で、割引で安く借りれます。
長期利用割引パックを利用すると、お好きな独自ドメインを2つ永久無料など特典があります。

初期費用無料
月額月額1452円~
性能高速・高機能・高安定性
WordPress簡単インストールあり(無料)

第3位:ロリポップ

ロリポップは2001年からサービスを開始し、安価で利用できるレンタルサーバーとしての地位を築いています。
安価で220円~利用できるライトコースもあり。10日間の無料お試し期間があります。

初期費用無料
月額月額550円~
性能高速のLight Speed
WordPress簡単インストールあり(無料)

-レンタルサーバーナビ, レンタルサーバーの比較
-