アフィリエイト広告を利用しています。

ブログ初心者向け ブログ始め方

WordPressはいくら?ブログ開設の料金(レンタルサーバー・ドメイン・テーマ・プラグイン)【ブログ初心者向け】

2021年1月26日

この記事の信頼性について

  • WordPressでブログを書いてます。
  • 私のWordPressにいくらかかったというと、1年目の費用は108,480円で、2年目以降の維持費は年間11880円でした。
  • 内訳は、
    ・エックスサーバーのスタンダードプランを36か月契約
    ・ドメインはドメイン無料プレゼント利用で0円
    ・WordPressテーマはアフィンガーで有料プラグインを購入
    ・SEO検定の教材1級から4級購入
    ・5万円コンサル受講
  • 読者に有益な情報となり、少しでも読者の日々の生活を明るくできるよう心がけて執筆します。

WordPressにかかる費用を知りたい

この悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事で紹介する「Wordpressの費用」を読めば、WordPress費用はいくらかかるのか分かりますよ。

なぜなら、ブログ歴3年以上で実際に私はWordPressを使って実際に無料のものから有料のものまで使って知り尽くしているから。

記事前半では「WordPressの費用」を、記事後半では「WodPress費用を安くする方法」を解説するのでじっくり読んでくださいね。

目次は次の通りです。

・WordPressには2種類ある

WordPressは2種類あります。

それはWordPress.orgとWordPress.comです。

WordPressといえば、一般的にWordPress.orgの方を指します。

WordPress.comを利用する際は、趣味の範囲なら問題ないですが、収益化をする上では、WordPress.orgをおすすめします。

・WordPress.org

自分でブログをホストするために、レンタルサーバーを見つける必要があります。

完全にブログをカスタマイズできます。

数千もの無料・有料のテーマやプラグインが利用可能です。

必要に応じてデザインや機能を追加できます。

ブログで広告を表示したり、自社商品を販売するなど、収益の方法に成約はありません。

・WordPress.com

WordPress.comはホスティングを提供しており、自分でレンタルサーバーを見つける必要はありません。

テーマやプラグインの利用には成約があります。

無料プランでは、サービス提供者側の広告が表示されることがあります。

収益化を目指す場合は、有料プランにアップグレードする必要があります。

有料プランでは、広告が表示されず、独自の広告や自社商品を販売できます。

・これから先の内容について

WordPress.orgを使う方が一般的なので、これから先はWordPress.orgに関するWordPressの費用について解説します。

・WordPressの費用(自作と外注の比較)

WordPressは自作する方法と外注する方法があります。

それぞれの費用を比較します。

WordPress自作する場合WordPressを外注する場合
WordPressの開設
1年目にかかる年間費用
6,600円~100,000円程度

※かかる費用
・サーバー
・ドメイン
・WordPressテーマ
・WordPressプラグイン
・教材やコンサル
79,000円~179,000円

※かかる費用
・制作費
(個人事業主や店舗を想定。法人の場合は100万円かかることもある)
2年目以降にかかる
年間維持費用
6,600円~20,000円

※かかる費用
・サーバー費
・ドメイン費
30,000円
※かかる費用
・サーバー契約代行
・ドメイン取得代行
・サーバー初期設定
・保守
(完全に自社管理する場合は、サーバー・ドメイン費のみ)
サービス-アフィリエイト作成代行

【Commit】

WordPress自作したら最安年間6,600円でできる。

・WordPressの費用(自作の場合)

WordPressの自作の場合の費用について解説します。

WordPress本体はオープンソースのCMSで、無料で使うことができます。

WordPressのソフトウェア自体は無償で入手し、自由に利用することができます。
ソフトウェアのソースコードは一般に公開されており、誰でも自由に閲覧、利用、改変、再配布が可能です。
その利用にはGPLライセンスの条件に従う必要があります。

しかし、WordPressを使うためには、

・サーバーのレンタル
・ドメインの取得
・SSL証明書の取得

が必要で、お金がかかります。

また

・テーマ(WordPressの着せ替えのデザイン)
・プラグイン(WordPress機能を拡張させるためのもの)

には無料のものと有料のものがあります。

それぞれの費用を解説していきます。

WordPressに自作でかかる費用は下記。

費用WordPress開設費用維持費用(翌年移行にかかる費用)
WordPress本体0円0円
サーバー6,600円~18,000円程度6600円~18000円程度
独自ドメイン1,280円~4,000円程度1280円~4000円程度
SSL無料SSL:0円
有料SSL:数千円~100,000円
無料SSL:0円
有料SSL:数千円~100,000円
WordPRessテーマ無料テーマ:0円
有料テーマ:10,000~30,000円程度
0円
※サブスクリプション型を除く
WordPressプラグイン無料プラグイン:0円
有料プラグイン:数千円~20,000円程度
0円
※サブスクリプション型を除く
教材とコンサルSEO検定1級から4級:10,000円
コンサル:50,000円
0円
WordPressを自作する場合

まとめると、

WordPressの開設1年目にかかる費用
サーバー費、ドメイン費、SSL費、WordPressテーマ費、WordPressプラグイン費、教材やコンサル費で
6,600円~100,000円程度



2年目以降にかかる維持費用

サーバー費、ドメイン費で
6,600円~20,000円

私のケースでいうと、

・エックスサーバーのスタンダードプランを36か月契約
・ドメインはドメイン無料プレゼント利用で0円
・SSLは、Let's Encryptで無料
・WordPressテーマはアフィンガーで有料プラグインを購入
・SEO検定の教材1級から4級購入
・5万円コンサル受講

を加味すると、1年目にかかる費用は108,480円で、2年目以降の維持費は年間11880円でした。

エックスサーバー

最安のプランだと、

・ロリポップのハイスピードプランを36カ月契約
・ドメインはドメイン無料プレゼント利用で0円
・独自SSL(無料)
・WordPressテーマは無料テーマで、無料プラグインのみ使用
・無料のブログでWordPressの始め方を学ぶ

1年目にかかる費用は6,600円,2年目以降の維持費も6,600円でいけますね。

ロリポップ

・費用その1:レンタルサーバー

サーバーをレンタルするのにお金がかかります。

サーバーは、月々数550円~1452円でレンタルできます。

レンタルサーバー会社によって、費用が異なります。

容量や機能によっても値段が異なります。

高速・高性能でいうと、エックスサーバーやConoHaWingが有名どころです。

また、低価格帯を設定していてるサーバーでいうと、ロリポップが有名です。

エックスサーバー

初期費用月額ディスク容量
スタンダード0円990円~300GB
プレミアム0円1980円~400GB
ビジネス0円3960円~500GB

ConoHa WING

初期費用月額ディスク容量
ベーシック0円1452円300GB
スタンダード0円2904円400GB
プレミアム0円5808円500GB

ロリポップ

初期費用月額ディスク容量
エコノミー0円99円~120GB
ライト0円220円~350GB
スタンダード0円440円~450GB
ハイスピード0円550円~500GB
エンタープライズ0円2200円~1.2TB

まとめると、

費用その1:レンタルサーバー
年間にかかる費用:6,600円~18,000円程度

エックスサーバーは国内シェアNo.1で、私はエックスサーバーを使っている。

レンタルサーバーのランキング

・費用その2:ドメイン

ドメインの取得と更新にお金がかかります。

ドメインはサイトの住所のようなものです。

あなたの会社や個人で発信していくオリジナルサイトを使う場合は、独自ドメインを取得することをおすすめします。

ドメインは、人気の「.jp」や、会社で使われる「co.jp」、個人の方に使われる「.com」、「.net」などがあります。

現時点での「お名前.com」で値段を割引の効かない2年目の値段を見てみると、

jp:2840円/年
co.jp:3780円/年
com:1280円/年
net:1480円/年

となってます。

レンタルサーバーの契約時に、条件を満たすとドメインを2つ無料でプレゼントされるケースがあります。

エックスサーバー

ConoHa WING

ロリポップ

プランスタンダードベーシック
スタンダード
プレミアム
ハイスピード
エンタープライズ
ドメインのプレゼント(無料)あり(2つ)あり(2つ)あり(2つ)
条件「12ヶ月」以上のご契約で独自ドメインが1つ無料、
「24ヶ月」以上のご契約で独自ドメインが2つ無料
「自動更新設定」を有効にする
長期利用割引プラン
「WINGパック」を利用
以下条件をすべて満たす
・ハイスピード、エンタープライズの
いずれかのプランでのご契約
・12か月以上の契約期間でのご契約
・12か月以上の自動更新の設定
備考プレミアム、ビジネスプランでは、これまで同様、契約期間や自動更新の設定状況にかかわらず、
当該プランをご契約いただくことで特典を申請することが可能です。
レンタルサーバーの全てのプランで長期利用割引プラン「WINGパック」をご利用いただけます。サービス名はドメインずーと無料!

このドメインのプレゼントを利用することで、年間1280円~4000円程度削減ができます。

まとめると、

費用その2:独自ドメイン
年間にかかる費用:1,280円~4,000円程度

※ドメインキャンペーンを利用することで、この費用は削減できます。

ドメイン無料はありがたい。

・費用その3:SSL

SSLとは、インターネット上でデータの暗号化して送受信する仕組みです。

SSLにすると、URLがhttp://~からhttps://~になり、ブラウザのURL左端に鍵マークが表示されます。

SSLを使うには、レンタルサーバーにSSL証明書をインストールする必要があります。

SSLは有料と無料のSSL証明書があります。

多くのレンタルサーバーでは無料のSSL証明書が用意されていますが、無料SSL証明書を使えば料金は発生しません

無料のSSL証明書を使わない場合は、数千円から100,000円ほどの費用がかかります。

費用その3:SSL
年間にかかる費用:0円~100,000円程度

※無料のSSL証明書を用いることでこの費用は削減できます。

SSL証明書は無料でもOK。

・費用その4:WordPressテーマ

WordPressはデザインを着せかえできます。

これらはテーマと呼ばれます。

無料のものから、有料のものまで様々です。

・無料テーマ

無料テーマでいうと、

yStandard
Lightning
Saitama

があります。

テーマは用途に応じて、様々なものがあります。

このブログでは、過去にyStandardという無料のテーマを使って、自分でカスタマイズしていました。

個人ブログは、yStandardがおすすめです。

会社ホームページはLightning、Cafeや雑貨のホームページはSaitamaがおすすめです。

・有料テーマ

有料テーマは1万円~3万円ぐらいのものが一般的です。

容量のWordPressテーマは一度だけ料金を払えばいい買い切り型が多いです。

有料テーマAFFINGER6賢威THE THOR
値段(税込)14,800円27,280円16,280円
テーマの使いまわし購入者ご自身が使用(所有)するWebサイトの範囲では問題ございません。賢威を購入されたユーザー様名義のサイトであれば、幾つお作りいただいても構いません。1度テーマをご購入いただければ何サイトでも作成可能です。(自己所有サイトのみ)
特徴アフィリエイトするなら
断然AFFINGER6
Webマーケの会社が作ったSEOの信頼性抜群オールマイティーな性能・デザイン推し
リンク

AFFINGER6(WordPressテーマ)

SEOテンプレート【賢威】

【THE THOR(ザ・トール)】

有名なものでいうと、

・AFFINGER(14800円 税込み)
・賢威(27280円 税込み)
・The THOR(16280円 税込み)

です。

今のこのブログはAFFINGERを使っています。

また有料テーマについて、実際の口コミをまとめてみました。

詳細は下記。

WordPressの有料テーマ比較!口コミ【AFFINGER・賢威・THE THOR】

まとめると、

費用その4:WordPressテーマ
一度だけかかる費用:0円~30,000円程度

有料テーマおすすめ。高速だし、簡単綺麗。

・費用その5:WordPressプラグイン

プラグインは、WordPressの拡張機能です。

ほとんどのものが無料で使えますが、高機能なものは有料のものがあります。

例えば、メールフォームはContact form7というプラグインで作ることができ無料で使えます。

特定のユーザーにニーズのある、機能なんかは有料のものがあります。

例えば、AMP化したページの広告をレスポンシブ対応させるためのプラグインにAdvanced Ads-Responsive Adsというのがありますが、これは有料です。

しかし、初心者が使いたい機能は、大概無料で提供されているので安心してください。

・無料WordPressプラグイン

初心者におすすめのプラグインは下記です。

・Advanced Ads
・All In One SEO Pack
・All-in-One WP Migration
・All-in-One WP Migration File Extension
・Broken Link Checker
・Google XML Sitemaps
・Gutenberg
・heatmap for WordPress
・Redirection
・AMP
・Contact Form 7
・EWWW Image Optimizer
・W3 Total Cache
・WP Multibyte Patch
・Autoptimize

これらは、無料で使えるものがほとんどです。

おすすめなワードプレスのプラグイン15選!初心者がいれておくべきもの

・有料WordPressプラグイン

プラグインの機能をアップグレードするために有料になるケースもあれば、最初からプラグインが有料なものがあります。

私が購入したプラグインを紹介します。

AFFINGERという有料テーマの、

・AFFINGERタグ管理マネージャー(21,800円 (税込))

です。

このプラグインは広告のクリック率を計測することができます。

【有料級】[AFFINGER6]アフィリエイト広告のクリックの流入経路を特定することで希望が見えた件!

まとめると、

費用その5:WordPressプラグイン
一度だけかかる費用:0円~20,000円程度

※WordPressプラグインのほとんどは無料で利用できます。

WordPressってすごい。いろんな機能がプラグインを使えば使えるようになる。しかも無料がほとんど。

・費用その6:教材とコンサル

WordPressを始める際は、本を参考にブログを始める方もいます。

一方、SEO対策のコンサルを受ける人もいるでしょう。

私が考える教材やコンサル非の目安としては下記。

費用その6:教材費とコンサル費
教材費10,000円

※SEO検定テキスト1級から4級

コンサル費50,000円

※自分が信用できるインフルエンサーから

お金をかけて自己投資すると早く稼げるようになる。

・WordPress費用を安くする方法

WordPress費用を安くする方法は下記。

・サーバー初期費用やドメイン費が無料のレンタルサーバーにする
・レンタルサーバーを長期契約する
・キャンペーンを利用してサーバーを契約する
・格安のレンタルサーバーにする

1つずつ解説します。

・サーバー初期費用やドメイン費が無料のレンタルサーバーにする

初期費用やドメイン費が無料のレンタルサーバーを借りると、必要なコストを下げることができます。

下記サーバーでは、各プランで初期費用が無料になっています。

エックスサーバー

ConoHa WING

ロリポップ

プランスタンダード
プレミアム
ビジネス
ベーシック
スタンダード
プレミアム
エコノミー
ライト
スタンダード
ハイスピード
エンタープライズ
初期費用無料無料無料

下記サーバーでは、条件を満たすとドメインが無料になっています。

エックスサーバー

ConoHa WING

ロリポップ

プランスタンダードベーシック
スタンダード
プレミアム
ハイスピード
エンタープライズ
ドメインのプレゼント(無料)あり(2つ)あり(2つ)あり(2つ)
条件「12ヶ月」以上のご契約で独自ドメインが1つ無料、
「24ヶ月」以上のご契約で独自ドメインが2つ無料
「自動更新設定」を有効にする
長期利用割引プラン
「WINGパック」を利用
以下条件をすべて満たす
・ハイスピード、エンタープライズの
いずれかのプランでのご契約
・12か月以上の契約期間でのご契約
・12か月以上の自動更新の設定
備考プレミアム、ビジネスプランでは、これまで同様、契約期間や自動更新の設定状況にかかわらず、
当該プランをご契約いただくことで特典を申請することが可能です。
レンタルサーバーの全てのプランで長期利用割引プラン「WINGパック」をご利用いただけます。サービス名はドメインずーと無料!

・レンタルサーバーを長期契約する

レンタルサーバーを長期利用することで、月額料金を割安にすることができます。

36カ月契約が一番月額費が安くなっています。

下記はエックスサーバーの3つのプランのサーバー月額費です。


エックスサーバー

スタンダードプレミアムビジネス
3か月1320円/月2640円/月5280円/月
6か月1210円/月2420円/月4840円/月
12か月1100円/月2200円/月4400円/月
24カ月1045円/月2090円/月4180円/月
36カ月990円/月1980円/月3960円/月
2023/07/17日時点のエックスサーバーのサーバー費

下記はConoHa Wingの3つのプランのサーバー月額費です。

ConoHa Wingは常時キャンペーンをやってますが、割引の際に長期契約でお得になるように設計されている傾向があります。


ConoHa WING

ベーシックスタンダードプレミアム
3か月1452円/月2904円/月5808円/月
6か月1452円/月2904円/月5808円/月
12か月1452円/月2904円/月5808円/月
24カ月1452円/月2904円/月5808円/月
36カ月1452円/月2904円/月5808円/月
2023/07/17日時点のConoHa Wingのサーバー費

下記は、ロリポップの4つのプランのサーバー月額費です。


ロリポップ

エコノミーライトスタンダードベーシックエンタープライズ
1か月198円/月550円/月1,100円/月1430円/月2640円/月
3か月198円/月495円/月1,045円/月1320円/月2640円/月
6か月198円/月462円/月935円/月1210円/月2420円/月
12か月198円/月418円/月770円/月990円/月2365円/月
24カ月198円/月352円/月605円/月935円/月2255円/月
36カ月99円/月220円/月440円/月550円/月2200円/月
2023/07/17日時点のロリポップのサーバー費

レンタルサーバーの契約期間に迷った方へ!長期のメリットと注意点【ブログ初心者向け】

・キャンペーンを利用してサーバーを契約する

キャンペーンを利用することで、サーバー費を安く抑えることができます。

期間限定キャンペーン実施中!!

国内シェアNo.1エックスサーバーは2024年5月1日(水) 12:00まで下記キャンペーン中です。



今なら30%OFFで利用料金が月額693円よりお得にブログを始められます。

「.com」や「.net」などの人気ドメインが、サーバー契約が続く限り2つ永久無料です。

さらに初期費用が無料です。

また、サーバー移転代行が2024/7/10まで0円です。

エックスサーバーはシンプル料金宣言で追加費用なしの安心価格で提供されています。

ブログを始めるなら国内NO.1のエックスサーバー。

お申込みは下記。

\2024/5/1までキャンペーン中/

期間限定キャンペーン実施中!!

国内最速ConoHa Wingが2024年4月19日(金)16:00まで下記キャンペーン中です。



国内最速レンタルサーバーが通常料金から最大53%OFF月額678円~利用できます。

さらに、独自ドメイン2つ無料、初期費用無料です。

\2024/4/19までキャンペーン中/

期間限定キャンペーン情報!!


人気のプランがスペックアップしました。

容量:最大150GB UP
独自ドメイン:最大+100 UP
MySQL:最大+50 UP

それに伴い、キャンペーンが開催されます。

ロリポはコスパNo.1!人気プラン全部スペックアップ記念キャンペーン!

  • 実施期間:2024年2月15日(木)15:00〜2024年5月6日(月)23:59
  • 対象プラン:
    エコノミー・ライト・スタンダード:1、3、6ヵ月契約
    ハイスピード:12、24、36ヵ月契約
  • キャンペーン内容:
    キャンペーン期間中に新規お申込み+無料期間10日以内に契約(ご入金完了)で契約期間が延長
    エコノミー・ライト・スタンダード:契約期間が2倍に延長
    ハイスピード:契約期間が6ヵ月分延長
  • 自動延長の実施時期:
    契約時期により異なります
\2024/5/6までキャンペーン中

・格安のレンタルサーバーにする

サーバー費用が格安のレンタルサーバーにすることで、WordPress費用を安くすることができます。

国内のレンタルサーバーは数えきれないほどありますが、おすすめの格安のレンタルサーバーについては下記記事を参考にしてください。

WordPressが使える格安のレンタルサーバーはどこ?失敗しない選び方【ブログ初心者向け】

・エックスサーバーでWordPressの始め方

エックスサーバーでのWordPressの始め方は下記。

・エックスサーバーの詳細
・お得なキャンペーン情報

などが書いてますよ。

すぐにブログを始めたい方へ



ブログで収益化を目指すならWordPressでブログを作るのが一番おすすめです。
WordPressクイックスタートを使えば、わずか10分
スマホ・パソコンどちらからでも、初心者でも簡単にエックスサーバーでブログを作れます。
詳細の手順は以下の記事で解説しています。
こちらも参考にしてみてください。

【初心者でも安心】たった10分で出来るWordPressブログの始め方

・まとめ「WordPressはいくら?ブログ開設の料金(レンタルサーバー・ドメイン・テーマ・プラグイン)」

WordPressは2種類あります。

それはWordPress.orgとWordPress.comです。

WordPressといえば、一般的にWordPress.orgの方を指します。

WordPress.comを利用する際は、趣味の範囲なら問題ないですが、収益化をする上では、WordPress.orgをおすすめします。

WordPressの自作と外注の費用の比較は下記。

WordPress自作する場合WordPressを外注する場合
WordPressの開設
1年目にかかる年間費用
6,600円~100,000円程度

※かかる費用
・サーバー
・ドメイン
・WordPressテーマ
・WordPressプラグイン
79,000円~17,9000円

※かかる費用
・制作費
(個人事業主や店舗を想定)
2年目以降にかかる
年間維持費用
6,600円~20,000円

※かかる費用
・サーバー費
・ドメイン費
30,000円
※かかる費用
・サーバー契約代行
・ドメイン取得代行
・サーバー初期設定
・保守費
(完全に自社管理する場合は、サーバー・ドメイン費のみ)
サービス-アフィリエイト作成代行

【Commit】

WordPressを自作する費用は下記。

費用WordPress開設費用維持費用(翌年移行にかかる費用)
WordPress本体0円0円
サーバー6,600円~18,000円程度6600円~18000円程度
独自ドメイン1,280円~4,000円程度1280円~4000円程度
SSL無料SSL:0円
有料SSL:数千円~100,000円
無料SSL:0円
有料SSL:数千円~100,000円
WordPRessテーマ無料テーマ:0円
有料テーマ:10,000~30,000円程度
0円
※サブスクリプション型を除く
WordPressプラグイン無料プラグイン:0円
有料プラグイン:数千円~20,000円程度
0円
※サブスクリプション型を除く
教材とコンサルSEO検定1級から4級:10,000円
コンサル:50,000円
0円
WordPressを自作する場合

まとめると、

WordPressの開設1年目にかかる費用
サーバー費、ドメイン費、WordPressテーマ、WordPressプラグインで
6,600円~100,000円程度



2年目以降にかかる維持費用

サーバー費、ドメイン費で
6,600円~20,000円

WordPressの費用を安くする方法は下記。

サーバー初期費用やドメイン費が無料のレンタルサーバーにする
レンタルサーバーを長期契約する
キャンペーンを利用してサーバーを契約する
格安のレンタルサーバーにする

期間限定キャンペーン実施中!!

国内シェアNo.1エックスサーバーは2024年5月1日(水) 12:00まで下記キャンペーン中です。



今なら30%OFFで利用料金が月額693円よりお得にブログを始められます。

「.com」や「.net」などの人気ドメインが、サーバー契約が続く限り2つ永久無料です。

さらに初期費用が無料です。

また、サーバー移転代行が2024/7/10まで0円です。

エックスサーバーはシンプル料金宣言で追加費用なしの安心価格で提供されています。

ブログを始めるなら国内NO.1のエックスサーバー。

お申込みは下記。

\2024/5/1までキャンペーン中/

期間限定キャンペーン実施中!!

国内最速ConoHa Wingが2024年4月19日(金)16:00まで下記キャンペーン中です。



国内最速レンタルサーバーが通常料金から最大53%OFF月額678円~利用できます。

さらに、独自ドメイン2つ無料、初期費用無料です。

\2024/4/19までキャンペーン中/

期間限定キャンペーン情報!!


人気のプランがスペックアップしました。

容量:最大150GB UP
独自ドメイン:最大+100 UP
MySQL:最大+50 UP

それに伴い、キャンペーンが開催されます。

ロリポはコスパNo.1!人気プラン全部スペックアップ記念キャンペーン!

  • 実施期間:2024年2月15日(木)15:00〜2024年5月6日(月)23:59
  • 対象プラン:
    エコノミー・ライト・スタンダード:1、3、6ヵ月契約
    ハイスピード:12、24、36ヵ月契約
  • キャンペーン内容:
    キャンペーン期間中に新規お申込み+無料期間10日以内に契約(ご入金完了)で契約期間が延長
    エコノミー・ライト・スタンダード:契約期間が2倍に延長
    ハイスピード:契約期間が6ヵ月分延長
  • 自動延長の実施時期:
    契約時期により異なります
\2024/5/6までキャンペーン中

エックスサーバーで10分でWordPressを始めたい方は下記。

すぐにブログを始めたい方へ



ブログで収益化を目指すならWordPressでブログを作るのが一番おすすめです。
WordPressクイックスタートを使えば、わずか10分
スマホ・パソコンどちらからでも、初心者でも簡単にエックスサーバーでブログを作れます。
詳細の手順は以下の記事で解説しています。
こちらも参考にしてみてください。

【初心者でも安心】たった10分で出来るWordPressブログの始め方

以上、参考になれば幸いです。

トップページに戻る

当ブログ限定特典あり


当サイトからエックスサーバーに申し込みをすると、最大1万円割引されます。
\当サイトからの申し込みがお得/

限定特典は実施中のキャンペーンと併用可です。

たった10分でできる申し込み手順はこちら>>

アフィリエイターが選ぶ満足度No.1のレンタルサーバー

レンタルサーバーのランキングです。WordPressでブログを始める方は参考にしてください。

第1位:エックスサーバー

エックスサーバーは2003年にサービスを開始。240万もの運用サイト数を誇るなど実績があって信頼ができるレンタルサーバーです。
定期的に割引のキャンペーンを実施10日間の無料お試し期間があります。
エックスサーバーの内容に満足できなかったら、ランキング2位、3位を検討してください。
ただ、使ってみてランキング1位のエックスサーバーは圧倒的におすすめなので迷っているならコレです!

初期費用無料
月額990円~
性能超高速で大量アクセスにも強い
WordPress簡単インストールあり(無料)

\業界トップのサーバー環境を手に入れる/

第2位:ConoHa WING

ConoHa WINGは、2018年以降にサービスを開始して以来、45万登録者集を突破しており、今、勢いのあるレンタルサーバーです。
常時キャンペーンを実施で、割引で安く借りれます。
長期利用割引パックを利用すると、お好きな独自ドメインを2つ永久無料など特典があります。

初期費用無料
月額月額1452円~
性能高速・高機能・高安定性
WordPress簡単インストールあり(無料)

第3位:ロリポップ

ロリポップは2001年からサービスを開始し、安価で利用できるレンタルサーバーとしての地位を築いています。
安価で220円~利用できるライトコースもあり。10日間の無料お試し期間があります。

初期費用無料
月額月額550円~
性能高速のLight Speed
WordPress簡単インストールあり(無料)

-ブログ初心者向け, ブログ始め方
-