アフィリエイト広告を利用しています。

レンタルサーバーナビ レンタルサーバーの比較

ロリポップとさくらのレンタルサーバの徹底比較!【レンタルサーバー】

2024年2月3日

この記事の信頼性について

  • ロリポップはお試しで触ったことがあり、ロリポップのサイトを隅々まで調べたことがあります。
  • また、さくらのレンタルサーバのサイトを隅々まで調べたことがあります。
  • レンタルサーバーは9社比較したことがあり、価格・性能・機能の相場観に詳しいです。
  • Webマーケを勉強しブログ開始1年で年間13万PVを達成。
  • 読者に有益な情報となり、少しでも読者の日々の生活を明るくできるよう心がけて執筆します。

ロリポップとさくらのレンタルサーバの比較をみたい
どっちが自分に適しているだろう

この悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事で紹介する「ロリポップとさくらのレンタルサーバの徹底比較」を読めば、どちらのレンタルサーバーがあなたに適しているか分かりますよ。

ロリポップとさくらのレンタルサーバの比較表は下記。

ロリポップ

さくらのレンタルサーバ

利用プランライトスタンダード
(A)初期費用0円0円
(B)月額費用
12か月契約の場合
418円437円/月
1年費用 
(A)+12か月×(B)
5016円5238円
無料お試し期間10日間無料14日間
おすすめポイント家計に優しいプランあり安心・手軽・コスパ良し
ディスク容量350GB300GB
独自ドメイン無料永久特典なしなし
WordPressテーマ特典Diver
THE TOHR
なし
無料独自SSL
Webサーバー一般的なapache同時大量アクセスの高速処理に優れたnginxを採用
バックアップ機能月額330円0円(標準機能)
無料サポートメール、チャットメール、電話、チャット
運営2001年からスタート2004年からスタート
公式ページ
ロリポップとさくらのレンタルサーバの比較表

記事前半では「ロリポップとさくらのレンタルサーバの比較」について、記事後半では「ロリポップとさくらのレンタルサーバのそれぞれの特徴」について解説するのでじっくり読んで下さいね!

・ロリポップとさくらのレンタルサーバの徹底比較!【レンタルサーバー】

・ロリポップとさくらのレンタルサーバのサーバーシェア率

日本のWordPressサーバーシェア率は下記。(引用:manuon.com)

1位:エックスサーバー:37.0%
2位:ロリポップ:11.8%
3位:さくらインターネット:11.5%

manuon.comが提供する日本のWordPressサーバーシェア率のグラフ。

ロリポップはサーバーシェア率は11.8%で第2位です。

一方、さくらのレンタルサーバを運営しているさくらインターネットのサーバシェア率は11.5%で第3位です。

レンタルサーバーの会社は全国で100社あるといわれているけど、両社がランクインしているのはさすが。

おすすめ

WordPress高速環境が月額550円より利用できるハイスピードプランがおすすめ!

容量500GBでコスパ最強!

メール返信24時間以内でサポートが手厚い!

ドメインずっと無料2つ!

この機会にロリポップでブログを始めてみましょう。
ロリポップ!レンタルサーバー

・ロリポップとさくらのレンタルサーバどちらがいいか

ロリポップとさくらのレンタルサーバどちらがいいか。

ここが疑問だと思いますが、ロリポップとさくらのレンタルサーバの料金やスペック、サポートなどの違いを比較してみるといいですね。

初心者におすすめは手ごろな価格のロリポップです。

一方、さくらインターネットは日本政府の共通クラウド基盤として「さくらのクラウド」を新たに選定されるなど、政府から認められたサーバー会社で、東証プライム上場企業が運営するなど、さくらのレンタルサーバは信頼のおけるサーバーです。

両社とも低料金でコスパがいい。

・ロリポップとさくらのレンタルサーバの違い

WordPressが使える最安プランですが、ロリポップはライトプラン、さくらのレンタルサーバはスタンダードプランになります。

料金はロリポップのライトプランが36カ月契約で月額220円に対し、さくらのレンタルサーバのスタンダードが36か月契約で月額425円となっています。

ロリポップのライトプランのサーバーはapacheで一般的な速度ですが、さくらのレンタルサーバはnginx搭載しており高速サーバーです。

ディスク容量は、ロリポップのライトプランが350GB、さくらのレンタルサーバのスタンダードは300GBです。

ロリポップは7世代バックアップが月額330円の有料オプションなのに対して、さくらのレンタルサーバは自動バックアップが標準搭載(無料)です。

違いが明確で分かりやすい。

おすすめ

WordPress高速環境が月額550円より利用できるハイスピードプランがおすすめ!

容量500GBでコスパ最強!

メール返信24時間以内でサポートが手厚い!

ドメインずっと無料2つ!

この機会にロリポップでブログを始めてみましょう。
ロリポップ!レンタルサーバー

・ロリポップとさくらのレンタルサーバの料金比較

ロリポップとさくらのレンタルサーバの料金を比較します。

ロリポップ

さくらのレンタルサーバ

プランライトプランスタンダード
初期費用無料無料
1か月550円/月524円/月
3か月495円/月-
6か月462円/月-
12か月418円/月437円/月
24カ月352円/月430円/月
36カ月220円/月425円/月
料金比較

キャンペーンをやっている場合は、お得に契約できる。見逃さないようにしよう。

期間限定キャンペーン情報!!


人気のプランがスペックアップしました。

容量:最大150GB UP
独自ドメイン:最大+100 UP
MySQL:最大+50 UP

それに伴い、キャンペーンが開催されます。

ロリポはコスパNo.1!人気プラン全部スペックアップ記念キャンペーン!

  • 実施期間:2024年2月15日(木)15:00〜2024年5月6日(月)23:59
  • 対象プラン:
    エコノミー・ライト・スタンダード:1、3、6ヵ月契約
    ハイスピード:12、24、36ヵ月契約
  • キャンペーン内容:
    キャンペーン期間中に新規お申込み+無料期間10日以内に契約(ご入金完了)で契約期間が延長
    エコノミー・ライト・スタンダード:契約期間が2倍に延長
    ハイスピード:契約期間が6ヵ月分延長
  • 自動延長の実施時期:
    契約時期により異なります
\2024/5/6までキャンペーン中

期間限定キャンペーン実施中!!

さくらのレンタルサーバでは現在新規契約で使えるキャンペーンはありません。

ご自身でキャンペーン情報を確認する場合は下記から。

・ロリポップとさくらのレンタルサーバどっちが高速?

速度を比較するために、スペックを確認します。

ロリポップ

さくらのレンタルサーバ

プランライトスタンダード
Webサーバーapachenginx
ストレージSSDSSD
vCPU/メモリ非公開非公開
ディスク容量350GB300GB
高速化技術ロリポップ!アクセラレータコンテンツブースト(CDN)
スペック比較

両社とも、ストレージはSSDを使っており足きりはクリアしています。

ロリポップのライトプランはapache、一方、さくらのレンタルサーバはnginxを搭載しています

速度比較では、結論、ロリポップのライトプランより、さくらのレンタルサーバの方が速いです。

なぜなら、

  • Webサーバーはapacheよりnginxの方が速い

からです。

もし、ロリポップで最速を目指すなら、ハイスピードプランがおすすめです。

ハイスピードプランは月額550円~でLiteSpeedを使っています

また、LiteSpeed chacheを使えば、さらに高速になり大量アクセスにも対応できます。

apacheを使っていたことがあるけど、PageSpeed Insightsで高得点をとれなかった経験がある。おすすめはnginxかLiteSpeed。

おすすめ

WordPress高速環境が月額550円より利用できるハイスピードプランがおすすめ!

容量500GBでコスパ最強!

メール返信24時間以内でサポートが手厚い!

ドメインずっと無料2つ!

この機会にロリポップでブログを始めてみましょう。
ロリポップ!レンタルサーバー

・ロリポップとさくらのレンタルサーバの提供WordPressテーマの比較

提供されているWordPressテーマは下記。

ロリポップ

さくらのレンタルサーバ

無料テーマCocoon-
有料テーマ

【THE THOR(ザ・トール)】


Diver
NEW STANDARD
Colorful
STORK19
Emanon Pro
Emanon Business
Emanon Premium
-
WordPressテーマ比較

さくらのレンタルサーバの提供テーマはありません。

もちろん、ここで提供されている以外の、無料有料テーマをWordPressにインストールすることもできます

人気のWordPressテーマの比較は下記。

・ロリポップとさくらのレンタルサーバの自動バックアップ機能の比較

ロリポップとさくらのレンタルサーバの自動バックアップ機能の比較は下記。

自動バックアップ

ロリポップ

さくらのレンタルサーバ

料金7世代バックアップ
月額330円(有料オプション)
0円(標準機能)
対象プランエンタープライズを除くプランスタンダードプラン以上
保存対象Webサーバーとデータベースサーバーサイト情報、データベース、WordPress
世代ごと、ディレクトリごと
保存についてバックアップ間隔は自由、過去7回分ダウンロード可スナップショット数は世代数とディレクトリ数の組み合わせで最大8つまで作成可能
特徴エンタープライズプランは無料サイト情報、データベースをまとめてスナップショットという単位で保存(バックアップ)できます。更新ミスなど万一の場合にも、面倒な復旧作業なしに、スナップショットを使って後戻りができます。
自動バックアップ比較

ロリポップは7世代バックアップが月額330円の有料オプションなのに対して、さくらのレンタルサーバは自動バックアップが標準搭載(無料)です。

サーバーの自動バックアップ以外にも、WordPressの無料プラグインを用いて手動でバックアップをするといい。おすすめは、All In One WP Migration。

おすすめ

WordPress高速環境が月額550円より利用できるハイスピードプランがおすすめ!

容量500GBでコスパ最強!

メール返信24時間以内でサポートが手厚い!

ドメインずっと無料2つ!

この機会にロリポップでブログを始めてみましょう。
ロリポップ!レンタルサーバー

・ロリポップとさくらのレンタルサーバのサポート比較

ロリポップとさくらのレンタルサーバのサポート比較は下記。

サポート

ロリポップ

さくらのレンタルサーバ

プラン全プラン全プラン
①プラン変更上位プランや下位プランへの変更が可能上位プランへ変更が可能
②お問い合わせメール:24時間365日受付
チャット:平日: 9:30〜13:00 14:00〜17:30
電話サポート:平日10時~18時(スタンダードプラン以上)
メール:24時間365日受付
電話:受付は24時間365日でコールバックは平日の10:00~18:00
チャット:平日の10:00~18:00
③他社サーバーからの引っ越しWordPressの移転作業はロリポップに丸投げできます(設定サポート:33000円/1サイト毎)。
また、ご自分で「WordPress簡単引っ越し」を用いて手動で行うことも可能です。
SnapUPというソフトでWordPressを他社からサーバ移転できます。
サポート比較

ロリポップは、全プランでメール、チャットのお問い合わせが可能で、スタンダードプラン以上で電話サポートがつきます

さくらのレンタルサーバは、メール、コールバック予約(電話)、チャットのお問い合わせが可能です。

WordPressの不具合が出てもネット上の情報で自力で解決できるから、それほどお問い合わせサポートに頼ることはなかった。

おすすめ

WordPress高速環境が月額550円より利用できるハイスピードプランがおすすめ!

容量500GBでコスパ最強!

メール返信24時間以内でサポートが手厚い!

ドメインずっと無料2つ!

この機会にロリポップでブログを始めてみましょう。
ロリポップ!レンタルサーバー

・ランキング3位:ロリポップを深堀する

ロリポップは、GMOペパボが運営するレンタルサーバーサービスです。

2001年からサービスを開始し、安価で利用できるレンタルサーバーとしての地位を築いています。

項目評価コメント
月額料金550円~
ディスク容量500GB
サーバースピードLiteSpeed
転送量上限無制限
WP簡単インストールあり
7世代バックアップあり(有料オプション)
マルチドメイン数無制限
プランの変更上と下にプラン変更可
チャット・電話サポートあり
独自ドメイン永久無料2個
無料SSLあり
ロリポップのハイスピードプラン

・ロリポップの口コミ・評判

ロリポップの口コミ・評判は下記。

  • ロリポップはかなり安いので、初めてのブログにはおすすめ。
  • ブログの開設が楽勝すぎた。ムームードメインでドメイン取得。レンタルサーバーのロリポップを契約。独自ドメインを設定して、ワードプレス簡単インストールをクリックCocoonというテーマが初期設定で選択できたからデザインも申し分なし。ブログ運営のスタートラインには、20分あれば誰でも立そう。

詳細は「ロリポップ 口コミ」をどうぞ。

悪い口コミも書いてる。

・どのサーバーでも最近はレベルが高いので同じだと思う
・月々安価なレンタルサーバーがほしい

こんな方にロリポップはおすすめです。

おすすめ

WordPress高速環境が月額550円より利用できるハイスピードプランがおすすめ!

容量500GBでコスパ最強!

メール返信24時間以内でサポートが手厚い!

ドメインずっと無料2つ!

この機会にロリポップでブログを始めてみましょう。
ロリポップ!レンタルサーバー

・ロリポップの特徴

・低価格帯のプランが充実

ロリポップは、低価格のプランが充実しているのが特徴です。

プラン月額(税込み)容量GBWordPress
エコノミー99円~120不可
ライト220円~350利用可
スタンダード440円~450利用可
ハイスピード550円~500利用可
エンタープライズ2200円~1.2T利用可
ロリポップの料金

WordPressを使うならライトプラン以上。

・アクセス集中時の表示スピードが向上するオリジナル機能がある

ロリポップ!アクセラレータは、ロリポップオリジナル機能です。

サイトへのアクセス集中時でも、サイト表示が安定するだけでなく、パフォーマンスが向上し、表示速度を大幅に上げることができます。

WordPressで制作されたサイトで24倍のパフォーマンス改善がみられました。

ロリポップ!アクセラレータは、WordPressが使えるライトプラン以上で搭載されています。

おすすめ

WordPress高速環境が月額550円より利用できるハイスピードプランがおすすめ!

容量500GBでコスパ最強!

メール返信24時間以内でサポートが手厚い!

ドメインずっと無料2つ!

この機会にロリポップでブログを始めてみましょう。
ロリポップ!レンタルサーバー

・ロリポップのメリットとデメリット

・メリット

ロリポップのメリットは下記。

簡便性
ドメインを取ってスムーズにWordPressの設置が可能です。

特典
ハイスピードプラン以上のプランを12か月以上契約するとドメインの新規取得・更新が無料になるサービス『ドメインずっと無料』を提供開始

保証
10日間の無料のお試し期間があります。

・デメリット

バックアップ機能が有償オプションとなり、機能を追加すると価格が高くなるというのがデメリットです。

しかし、自分で無料のバックアッププラグインを入れることで、バックアップ機能を付けないという方法も考えられます。

無料のバックアッププラグインは、ALl In One WP Migrationがおすすめ。

おすすめ

WordPress高速環境が月額550円より利用できるハイスピードプランがおすすめ!

容量500GBでコスパ最強!

メール返信24時間以内でサポートが手厚い!

ドメインずっと無料2つ!

この機会にロリポップでブログを始めてみましょう。
ロリポップ!レンタルサーバー

・ロリポップのおすすめはライトプラン

趣味で始めるなら最初はライトプランからがおすすめです。

理由:
ライトでも初心者には十分な容量だから
安価だから

WordPressの容量はライトプランの350GBあれば個人で使いきれないほど。

つまり、容量的にはライトプランで問題なし。

・エコノミーはWordPressが使えないことをふまえると除外
・ライトプランはハイスピードプランの半分以下の月額料金

ことを踏まえると、ライトプランがおすすめ

物足りなくなってからグレードを上げても遅くはありません。

なお、ライトプラン36カ月申し込みでバックアップ機能を付けても月額550円です。

お財布に優しいですし、お金をかけたくない人はロリポップを選んでいます。

とはいえ、私がロリポップを契約するなら、ハイスピードプラン

おすすめ

WordPress高速環境が月額550円より利用できるハイスピードプランがおすすめ!

容量500GBでコスパ最強!

メール返信24時間以内でサポートが手厚い!

ドメインずっと無料2つ!

この機会にロリポップでブログを始めてみましょう。
ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップのおすすめ料金プランは?5つのプランの違い

ロリポップの年間費用はどのくらいかかる?ハイスピードプランを選んだ場合

期間限定キャンペーン情報!!


人気のプランがスペックアップしました。

容量:最大150GB UP
独自ドメイン:最大+100 UP
MySQL:最大+50 UP

それに伴い、キャンペーンが開催されます。

ロリポはコスパNo.1!人気プラン全部スペックアップ記念キャンペーン!

  • 実施期間:2024年2月15日(木)15:00〜2024年5月6日(月)23:59
  • 対象プラン:
    エコノミー・ライト・スタンダード:1、3、6ヵ月契約
    ハイスピード:12、24、36ヵ月契約
  • キャンペーン内容:
    キャンペーン期間中に新規お申込み+無料期間10日以内に契約(ご入金完了)で契約期間が延長
    エコノミー・ライト・スタンダード:契約期間が2倍に延長
    ハイスピード:契約期間が6ヵ月分延長
  • 自動延長の実施時期:
    契約時期により異なります
\2024/5/6までキャンペーン中

・ランキング7位:さくらのレンタルサーバを深堀する

さくらのレンタルサーバは、1996年に創業したさくらインターネット株式会社が運営するレンタルサーバーです。

東京証券取引所プライム市場に上場しています。

項目評価コメント
月額料金425円~
ディスク容量300GB
サーバースピードnginx
転送量上限無制限
WP簡単インストールあり
自動バックアップあり
マルチドメイン数200
プランの変更上へプラン変更可
チャット・電話サポートあり
独自ドメイン永久無料なし
無料SSLあり
さくらのレンタルサーバのスタンダードプラン

・さくらのレンタルサーバの口コミ

さくらのレンタルサーバの口コミ・評判は下記。

  • WordPressを始めるならさくらのレンタルサーバを選べ!
  • さくらのレンタルサーバなら通信量制限特にあった記憶ないし通信量的問題なさそ。
  • WordPressサイトの年間維持費、さくらのレンタルサーバ500円/月+ドメイン費用2000円で8000円くらい

詳細は「さくらのレンタルサーバの口コミ」をどうぞ。

悪い口コミも書いています。

・さくらのレンタルサーバの特徴

・安心の実績

東証プライム市場上場企業が運営していて、ご利用件数48万件、サーバ運用実績26年以上と安心の実績があります。

・WordPressが使えるプランの価格設定が良心的

WordPressが使えるスタンダードプランが425円~と良心的な価格設定です。

・CDNでサイトの高速化

コンテンツブーストとよばれるCDN機能を簡単設定で利用できます。

サイトを高速・安定化し、Webページへの快適なアクセスを実現します。

大量アクセス時でも安定したサイト表示を実現できます。

・8世代の自動バックアップ

もしもの時も安心なファイルとデータベースを自動でバックアップ機能があります。

WordPressのテスト環境もボタンひとつで作成可能です。

・効率的に複数のサイトを運営

マルチドメイン対応で、1つのサーバー契約で複数サイトの公開が可能です。

複数サイトを効率的に管理・運用できます。

・24時間365日無料サポート

チャット、メール、電話(コールバック予約)といった複数のお問い合わせ経路を完備しています。

・さくらのレンタルサーバのメリットとデメリット

さくらのレンタルサーバのメリットは下記。

簡便性
さくらのレンタルサーバではWordPressを簡単にインストールすることができます。

特典
独自SSLが無料

・保証
14日間の無料お試し期間あり

さくらのレンタルサーバのデメリットは下記。

下位プランへ変更ができない
独自ドメインの無料特典がない

さくらのレンタルサーバは上位プランへ変更はできますが、下位プランへ変更ができません

独自ドメインの無料特典がないのは、残念な点ですが、もともとサーバー代が安いので、トータルで見ると安くなります。

さくらのレンタルサーバはWordPressが使えるサーバーで月額425円~とかなり安い。割引料金じゃないところがいい。なぜなら更新時に高くなったりしないから。nginxを使ったで高速なサーバー縛りで、apacheを使っている激安サーバーを除けば、さくらのレンタルサーバはかなり安い部類に入る。ただし、注意点がある。それは、ドメイン料の無料特典がないところ。だから年間2000円ぐらいはドメイン料が追加でかかると考えたほうがいい。

さくらのレンタルサーバの年間費用はいくらかかる?スタンダードプランを選んだ場合

・さくらのレンタルサーバのおすすめはスタンダードを12か月契約

さくらのレンタルサーバーのおすすめはスタンダードプランの12か月契約です。

その理由は下記。

  • WordPressが使える最安プランはスタンダードプラン
  • ストレージ容量は300GBあれば十分
  • 12か月契約でも36か月契約でもさほど料金は変わらない

さくらのレンタルサーバのおすすめ料金プランは?個人向け3つのプランの違い

さくらのレンタルサーバーの申し込みは下記からどうぞ。

さくらのレンタルサーバは、安心・手軽・コスパよし。

期間限定キャンペーン実施中!!

さくらのレンタルサーバでは現在新規契約で使えるキャンペーンはありません。

ご自身でキャンペーン情報を確認する場合は下記から。

・絶対選んではいけないレンタルサーバー

絶対選んではいけないレンタルサーバーの特徴は下記。

・サイト速度が遅い
・アクセスが集中した時に落ちる
・サポートが悪い
・管理画面が使いにくい

・サイト速度が遅い

特にサイト速度は重要で、レンタルサーバーの選び方を間違えると、いくら改善してもPageSpeed Insitesで90点以上出せないサイトになってしまいます。

サイト速度が遅いとなぜだめかというと、アクセスしても表示されるまで時間がかかるなど読者に苦痛を与えるから。

せっかくアクセスをされても、離脱されてしまいます。

サイト速度高速なレンタルサーバーがおすすめです。

・アクセスが集中した時に落ちる

またアクセスが集中した時に落ちるのも考えもの。

せっかく大量にアクセスが集まるようになっても、アクセスが頭打ちになってしまいます。

そのような状況に出くわしたら、最初から大量アクセス耐性のあるサーバーにしておけばよかったと思うはず。

・サポートが悪い

サポートも重要です。

特に、初心者の場合、相談する相手がいないのが現状。

しかし、もしサーバー会社にサポートがあれば、安心して利用することができますからね。

また、バックアップ機能があるかも選ぶポイント。

バックアップを取ってくれないと、なにかの拍子にWordPressを消してしまったり、動かなくなったりしたときに、ゲームオーバーになってしまいます。

特に初心者で、WordPressを少しカスタマイズした際に動かなくなってしまったという方もいます。

そんな時は、バックアップを復活できればいいですよね。

・管理画面が使いにくい

管理画面の使いやすさも気になる点。

WordPressを自分でインストールするのは少し大変で、簡単インストール機能があればラクチンです。

・ロリポップとさくらのレンタルサーバは大丈夫?

ロリポップ(ライト)とさくらのレンタルサーバ(スタンダード)について、これらの点を見ていきます。

ロリポップ(ライト)の特徴さくらのレンタルサーバ(スタンダード)の特徴
サイト速度は遅くないか
ロリポップ!アクセラレータを利用することで、サイトの表示を高速化し、サーバー高負荷時でも安定して表示させます

CDNでサイトの高速・安定化
アクセスが集中した時に落ちないか
ハイスピードプラン、エンタープライズプランを除くプランにおいて、サーバー側でWebサイトへの同時アクセス数について制限値がある

サーバーにはnginxを搭載し、超高速で大量アクセスに強い
サポートが悪くないか
メールチャットサポートあり
電話サポートはスタンダードプランからの上位プランであり
7世代バッグアップは有料オプション

24時間365日無料サポート
8世代の自動バックアップを実施
管理画面が使いやすいか
WordPress簡単インストール機能で簡単に素早くWordPressを設置することができる

WordPressをクイックインストールで素早く設置することができる

ロリポップ

ライトプランでは、同時アクセス数の制限や、電話サポートなし、バックアップは有料など多少のデメリットはあるが、可能な限りそぎ落として低額にしている印象

ロリポップも上位プランでは、さくらのレンタルサーバと同様に待遇がいいですね。

さくらのレンタルサーバ

は「安心・手軽・コスパよし」のレンタルサーバーです。

・まとめ「ロリポップとさくらのレンタルサーバの徹底比較!【レンタルサーバー】」

レンタルサーバーが決まれば、WordPressでブログを始めることができますね。

それではまとめです。

ロリポップとさくらのレンタルサーバの比較表は下記。

ロリポップ

さくらのレンタルサーバ

利用プランライトスタンダード
(A)初期費用0円0円
(B)月額費用
12か月契約の場合
418円437円/月
1年費用 
(A)+12か月×(B)
5016円5238円
無料お試し期間10日間無料14日間
おすすめポイント家計に優しいプランあり安心・手軽・コスパ良し
ディスク容量350GB300GB
独自ドメイン無料永久特典なしなし
WordPressテーマ特典Diver
THE TOHR
なし
無料独自SSL
Webサーバー一般的なapache同時大量アクセスの高速処理に優れたnginxを採用
バックアップ機能月額330円0円(標準機能)
無料サポートメール、チャットメール、電話、チャット
運営2001年からスタート2004年からスタート
公式ページ
ロリポップとさくらのレンタルサーバの比較表

ロリポップの口コミは下記。

  • ロリポップはかなり安いので、初めてのブログにはおすすめ。
  • ブログの開設が楽勝すぎた。ムームードメインでドメイン取得。レンタルサーバーのロリポップを契約。独自ドメインを設定して、ワードプレス簡単インストールをクリックCocoonというテーマが初期設定で選択できたからデザインも申し分なし。ブログ運営のスタートラインには、20分あれば誰でも立そう。

この口コミにピンときた人は、下記から申し込むことができます。

ライトプランがおすすめです。

ロリポップ

さくらのレンタルサーバの口コミは下記。

  • WordPressを始めるならさくらのレンタルサーバを選べ!
  • さくらのレンタルサーバなら通信量制限特にあった記憶ないし通信量的問題なさそ。
  • WordPressサイトの年間維持費、さくらのレンタルサーバ500円/月+ドメイン費用2000円で8000円くらい

さくらのレンタルサーバがいいなと思った方は、下記から申し込みができます。

さくらのレンタルサーバ

スタンダードプランがおすすめです。

以上、参考になれば幸いです。

トップページに戻る

当ブログ限定特典あり

レンタルサーバーをどこにしようか迷われていませんか?

国内シェアNo.1のエックスサーバーは、250万件以上のサイトが運用され、多くの人に選ばれています。

このブログもエックスサーバーを使っています。

当ブログ限定特典

エックスサーバーの新規契約期間に応じて初回支払い最大1万円割引が受けれます。

限定特典は実施中の下記キャンペーンと併用可です。



この機会にお得に国内最速のエックスサーバーでWordPressブログを始めてみましょう。

アフィリエイターが選ぶ満足度No.1のレンタルサーバー

レンタルサーバーのランキングです。WordPressでブログを始める方は参考にしてください。

第1位:エックスサーバー

エックスサーバーは2003年移行サービスを開始。240万もの運用サイト数を誇るなど実績があって信頼ができるレンタルサーバーです。
定期的に割引のキャンペーンを実施10日間の無料お試し期間があります。

初期費用無料
月額990円~
性能超高速で大量アクセスにも強い
WordPress簡単インストールあり(無料)

\業界トップのサーバー環境を手に入れる/

第2位:ConoHa WING

ConoHa WINGは、2018年以降にサービスを開始して以来、45万登録者集を突破しており、今、勢いのあるレンタルサーバーです。
常時キャンペーンを実施で、割引で安く借りれます。
長期利用割引パックを利用すると、お好きな独自ドメインを2つ永久無料など特典があります。

初期費用無料
月額月額1452円~
性能高速・高機能・高安定性
WordPress簡単インストールあり(無料)

第3位:ロリポップ

ロリポップは2001年からサービスを開始し、安価で利用できるレンタルサーバーとしての地位を築いています。
安価で220円~利用できるライトコースもあり。10日間の無料お試し期間があります。

初期費用無料
月額月額550円~
性能高速のLight Speed
WordPress簡単インストールあり(無料)

-レンタルサーバーナビ, レンタルサーバーの比較
-